薬剤師転職信頼ランキング【最強】

薬剤師転職信頼ランキング決定版。最新・最強の薬剤師転職の口コミを元に転職を成功に導く転職エージェントを厳選しています。

ベスト 薬剤師転職

   

ベスト 薬剤師転職

ベストな薬剤師求人はベストの薬剤師転職サイトで見つかります。調剤薬局、病院・クリニック、ドラッグストアなどで、年収700万円以上、年間休日125日以上、残業なし、土日休み、転勤なし、駅徒歩5分以内、産休・育休実績あり、ブランク可・ベテラン可など様々なこだわり条件を満たした非公開求人を紹介してくれます。転職を成功させたい方に薬剤師転職サイトのベスト3を厳選しました。

ベスト 薬剤師転職

▶︎▶︎▶︎ 薬剤師転職サイトベスト5

■地方での薬剤師不足は何を意味するのか

東京での薬剤師に関する求人は多く、そこに就職を希望する人間もまた多くいます。
逆に、地方での薬剤師求人は無いわけではないけれど、それを希望する人間も少なく薬剤師の就職先は東京の中央主権的な状態となっています。
というのも、大手ドラッグストアチェーンがある場所ない場所一つをとってもそのような状況なのでしょう。
今となっては、大手のドラッグストアチェーンが北から南まで各地域に出店しています。
当然、東京には数多くの大手ドラッグストアが無数に出店されており、その数に伴う需要もたしかにあります。
これに比べて、地方はどうでしょう。
あるところにはあるが、ないところにはまるっきり無いというのが現状です。
大手のドラッグストアが地方に出店する場合、集客を見込める地域に絞って出店しているわけですから当たり前といえば当たり前の話です。
また、大手のドラッグストアは薬剤師の教育や将来性に力を入れていますが地方の中小企業のドラッグストアはこれに劣る面があります。
仮に一時的な魅力(給料など)に引かれて就職をしたとしても、その将来性などを考えれば、大半がより良いものを求めて転職をするでしょう。
全ての薬剤師がドラッグストアで働いているわけではありませんが、ドラッグストアが乱立するこのご時世ですから少なからず、地方の薬剤師不足の原因としてあげらる事案でしょう。
この様な状態が、薬剤師はたくさんいるけれど現場では不足している、という矛盾を生み出しているのではないでしょうか。
これは薬剤師に限らず、大企業の方が何かと安心できると考える一般的な考え方でもあると思います。
地方での薬剤師不足の改善が企業にかかっていると言えばそれまでですが、仮にとても優れた企業があったとして、薬剤師の雇用数が潤うでしょうか。
それが理由で地方に残るとか、むしろ地方へ行って働くなどは現実的な話ではないかと思います。
そう考えると地方自治体レベルでの活性化がないと中々、難しい話なのかもしれませんね。

(ベスト 薬剤師転職)

 - ベスト 薬剤師転職